サッカーシューズブログ【BOXGRAM】ネットショップ

サッカーシューズのブログを書いています。代表的なスパイクやサッカーの情報、ECサイトについても紹介しているので興味ある方は読んでください。

今週のお題「最近読んでるもの」の豆知識

今週のお題最近読んでるもの

 

 

もちろん、お話しましょうや。最近読んでるものって、ワクワクするやつがあるんですわ。関西弁でのんびり語りましょうや。

 

さて、最近読んでるのは、ミステリー小説やサスペンス小説やで。なんせ、関西にはミステリー作家として有名な人がおおぅおるから、ついついミステリーの世界にどっぷり浸かってしまうわけですわ。あれやこれやと探偵役が事件を解決する姿に、ついハラハラドキドキしてしまうんや。

 

ミステリー小説

ミステリー小説

 

ちなみに、最近手に取ったのは、大阪の大御所作家、西村京太郎さんの「浅見光彦シリーズ」や。浅見さんは、京都府警の刑事で、京都の風景や文化を背景に犯罪事件を解決していくんやけど、そのキャラクターが魅力的やねん。彼がどんなトリックで事件を解明するのか、読むのが楽しみで楽しみや。

 

浅見光彦シリーズ

浅見光彦シリーズ

 

それから、もう一つおすすめは、大阪を舞台にした平松洋子さんの「釣りキチ三平シリーズ」や。これは、大阪湾で釣りを楽しむ主人公、釣りキチ三平の活躍が描かれているんやけど、大阪らしいユーモアと人情味あふれるストーリーがたまらないで。釣りの楽しさや、美味しい魚の話もたくさん出てくるから、読みながらお腹がグーグーなることもありますわ。

 

あとは、ちょっと変わったところでは、森博嗣さんの「大江戸捜査網」シリーズもおもろいで。江戸時代の大阪を舞台に、江戸っ子の刑事が難事件に立ち向かうんやけど、時代背景や風俗がリアルに描かれてて、歴史好きにはたまらない一冊やねん。

 

最後に、今読んでいるのは森見登美彦さんの「ペンギン・ハイウェイ」や。これはちょっとファンタジー要素のある作品で、ペンギンが突如現れる不思議な事件が起こるんや。ペンギンという奇妙な要素が、物語をさらに楽しくしてくれてる感じや。夢中で読んでしまうこと間違いなしやで。

 

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

 

まあ、最近読んでるものはこんな感じやな。関西のノンビリとした雰囲気と、ミステリーやサスペンス小説のワクワクが絶妙にマッチして、読書タイムが最高のひとときになってるわけや。興味がある方は、ぜひ一度手に取ってみてくれや。